2009年09月24日

インナーマッスル 鍛え方

----------
インナーマッスルを鍛えるためにはどうしたらよいのか?
----------

インナーマッスルを鍛えるには「チューブトレーニング」が効果的


様々なダイエット法が話題となる中で、健康的で引き締まったボディーを作るために考案されたチューブトレーニング


「チューブトレーニング」といってもピンとこないかもしれませんが、
あの有名なビリーズブートキャンプも、チューブトレーニングを用いる方法を取り入れていました!



インナーマッスルを鍛えるのにチューブトレーニングを使うのは理由があるから

何も使わずに運動をする以上に筋肉の細部を使うことができるので、インナーマッスルを鍛えるのには最適なんです



チューブトレーニングは、あらゆるパターンのトレーニングが行えます。
簡単シンプルなのがチューブトレーニングのよいところです

チューブは、様々なメーカーから販売されているので
自分の筋肉量や目標に合わせて負荷の強さを選ぶとよいですよ

詳しくはSHOPの方に相談されるとよいとおもいます




またチューブトレーニングを行ううえでのコツは、
どの筋肉を使っているのかをきちんと意識すること

闇雲にインナーマッスルを鍛えていても効果は半減。意味がなくなってしまいます

またチューブトレーニングでは、常に軽い負荷を意識するように心がけてください!





また、チューブトレーニングは、常に正しい姿勢で筋肉を使うように意識をしてトレーニングに挑みましょう!

そして常に軽い負荷を意識するように心がけてください




インナーマッスルは、アウターマッスルに比べるととても地味に感じるかもしれませんが、
健康維持などにおいてもとても重要な役目を持っている筋肉です。

また、肩こりなども改善・解消が期待できますので、毎日デスクワークが多くて最近めっきり運動しなくなったな、、、と思う方には是非 インナーマッスルトレーニングを始めてもらいたいです!



そして3日坊主ではなく継続することが何よりも大切ですよ!


インナーマッスルを鍛えて魅力的な身体へ!!
posted by kitaeru2000k at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インナーマッスル トレーニング

女性も痩せているだけでは魅力的ではありません

趣味の問題かもしれませんが、、
魅力的なからだには、適度な筋肉が不可欠☆

また男性でも、社会人になって油断していたら体に締りがなくなって
慌ててトレーニングをお考えの方も多いのではないでしょうか?



まず、人間の筋肉は大きく2つの種類に分けられます
インナーマッスル・アウターマッスルですね

男性は知っている人も多いかもしれませんね!



・・ではまずインナーマッスルについて・・

インナーマッスルとは、体の内側の筋肉のことをいいます
筋肉には、内側と外側の筋肉があります

内側の「見えない筋肉」であるインナーマッスルは、
実はとても重要な働きをしているのです! ご存知でしたか?

ではなぜ、インナーマッスルを鍛えることが重要なのでしょうか?

それは、インナーマッスルが体の関節を固定する役を持っているからなんです
また、インナーマッスル トレーニングをすることによって、つらい肩こりや腰痛などをの原因を取り除くこともできるのです! それはすごい! 

仕事をしている社会人は多くの人が、肩こりや腰痛などを抱えています
インナーマッスル トレーニングをすることにより、これらの緩和・改善にも役立つのです

要するに、筋肉における縁の下の力持ちなのが、インナーマッスルなのですね!





・・次にアウターマッスルについて・・

私達が普段鍛えている筋肉は主に「アウターマッスル」
見た目でよく分かる筋肉ですね外側の大きな筋肉の部分です

もちろん、アウターマッスル トレーニングを行わないより行ったほうがいいですよ(*^^*)

男性は特にアウターマッスル トレーニングと、インナーマッスル トレーニングを同時にされたほうがいいと思います。見た目にも現れますし






このように、どちらか一方 特に、「アウターマッスル」だけを行っていたのでは、
大胸筋や大腿筋などは鍛えることが可能ですが、インナーマッスルは鍛えられません

特にスポーツをやらせる方には、インナーマッスル トレーニングで内側の筋肉を鍛えることはとても重要です!

人間のからだは、大きい筋肉とそれを支える小さい筋肉群をバランス良く鍛えることで最大限にパワーを発揮します。
しっかり考えているスポーツマンは、インナーマッスルもきちんと鍛えられているものですよ!

インナーマッスル・アウターマッスル どちらも均等にトレーニングすることで、怪我も防ぐことができます

浮力、抵抗力、流体力学などをを上手くミックスして利用し、
万遍なくインナーマッスルに刺激を与えるトレーニングがインナーマッスルを鍛えるためには必要なのです。
posted by kitaeru2000k at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。